解散したDIVAのDISCOVERYについて。

最初の記事です。2014年に解散したDIVAのシングルについて書きます。

 DIVAのラストシングル。オリジナルメンバーの増田有華さんも復帰し、ファーストカップリング以来の小室哲哉さんをプロデュースに迎えた作品。
まず1曲目ラストシングル『DISCOVERY』。今までの楽曲は、増田有華さんが出だしのパートを担っていましたが、今回は宮澤佐江さんと梅田彩佳さんの高いトーンの二人の明瞭な歌声から始まります。過去のDIVAの曲からは想像もつかなかった曲で、ハイスピードでクールな曲を期待していたDIVAcrewもいたかもしれないが、この曲は聞けば聞くほど感慨深くなる曲で、解散を間近に迎えたDIVAとDIVAcrewがとても近い距離で共感できる仕上がりになっている。「過去を見つめ大切にしながらも、未来に進み可能性を広げようとする」今とこれからのDIVAの心意気、そしてプロデュースと言う近い位置で、この曲を餞別した小室哲哉さんのDIVAに対する優しさを感じることが出来る楽曲になっています。
 そして2曲目、『Believe in myself』。この曲も、宮澤佐江さんと梅田彩佳さんのキーの高い伸びやかなコーラスから始まります。
DIVAの曲の魅力の一つとして、カップリングにあるかもしれないと僕は思います。DIVAは、逆境ユニットとメンバーが語っており、苦境の中でもDIVAcrewに対して誠意あるパフォーマンスをしよう、自分自身と勝負しようとする、不屈の精神がDIVAのカップリング曲には注ぎこまれている気がします。
振り返れば、『地下水道』で無責任な悪意と対立して立ち上がりる事を歌い、『悲しみのMirage』では、悲しみに打ちひしがれても、未来の為に種を撒く事を歌い、そして『Believe in myself』は、夢を夢で終わらせない、どんな結果であっても自分自身の自信につながるからと、DIVAが郷愁を誘うメロディと共に伝えてくれる。僕は仕事で失敗した時、落ち込んだ時に良く聴く曲で、この曲を聴いているとがんばることは面倒くさいけど、そんなに悪くないなと思わせてくれる曲です。

興味がある方は、今でも遅くないので聞いてみてください。

swim pool ブログ開始

 swim poolと申します。

2017年6月25日、今更ながらブログに興味を持ち始めました。

自分の好きなものについて、色々拙い文で語っていきたいと存じます。